SDGs

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、持続可能な開発目標のことです。2015年の国連サミットで採択された2016年から2030年までの国際目標で、持続可能な世界を実現するための、17の目標と169のターゲットを掲げています。

私たちの仕事に関連するSDGs

資格取得の推進と充実の社内研修

  • 椅子張り技能士
  • 建築施工管理技士
  • 家具手加工
  • 家具塗装技能士

など、技術力・品質向上のための資格取得を推進しています。

技能継承と新技術の導入で持続可能な工場運営

  • NC旋盤の導入 データ作成→木材機械加工
  • CAM/CADシステムの導入 データ作成→自動裁断
  • 柔軟な人材配置で、多工程をカバーできる職人育成
  • 熟練職人から若手職人への技能継承体制

全国137箇所の協力工場

協力工場とのネットワークにより、現場近郊の工場での施工が可能です。CO2排出量低減を物流の観点からも目指しています。

  • 北海道地方 5社
  • 東北地方 35社
  • 関東地方 27社
  • 中部地方 41社
  • 近畿地方 18社
  • 中国地方 4社
  • 四国地方 1社
  • 九州地方 6社

第9回いしかわエコデザイン賞2019 大賞受賞

第9回いしかわエコデザイン賞2019のサービス領域において、エフラボの「椅子再生工場の挑戦」が大賞を受賞しました。

  • 壊れたり古くなったりした椅子・ソファを独自の技術で生まれ変わらせ、愛着のある椅子・ソファを更に長く使っていただくための取組みです。
  • 古くから建具や繊維業が盛んな地域で、豊かな経験と確かな技術をもった職人が、長年培ってきた技能を椅子再生に役立てるとともに、若い世代へ継承する役割を担っています。

審査委員からは、「建具や大工等を廃業した地元の職人を雇用し、その熟練の技能を活かして椅子・ソファを専門に修理している工場です。捨てられてしまう椅子を新品同様に生まれ変わらせていることに加え、職人の技術継承と若手の職業訓練を同時に実現している点を高く評価します。また、全国の協力会社とのネットワーク構築や海外への職人派遣など、対応エリアを拡げていることから、今後の市場拡大も十分に期待できます。」との評価をいただきました。